Menu

シミに負けずに笑顔を取り戻そう

0 Comment

シミには長いこと悩まされてきました。鏡を見るとがっかりで笑顔も減ってきている気がします。現在も悩み進行中ですが、私のやっているケアをご紹介します。

まず、体の中からもという思いから、ビタミンを摂取するために野菜のジュースを飲んでいます。愛飲しているのは人参のジュースです。ビタミンCを多くと思い、レモン汁を少し足して飲んでいます。毎日昼食に取り入れています。

そして必ず毎朝日焼け止めを欠かさないことです。汗をかく時期には、外でさっと塗れるようにスプレー式のものを携帯しています。化粧はそんなにしていないですが、日焼け止めをがっつり塗るので洗顔もしっかりします。愛用しているのはラフラのオレンジバームです。かためのテクスチャーを手で温めて、ゆっくりマッサージしながら顔にのばしています。このしっかり洗顔も大事だと思っています。

洗顔後はシミウスというシミ対策用ジェルでケアしています。これもジェルとしては少しかためですが、伸びはよく顔にフィットします。気になるシミの部分を中心に、顔全体に伸ばしていきます。保湿もできますし、シミにも効いていると思います。シミ自体が薄くなってきましたし、肌トーンもアップして顔色が明るくなったと言われます。これ一つでケアはOKなので時短にもなっています。

毎日のビタミン補給のジュースと、日焼け止めと、シミ対策ジェルを続けて、シミの目立たない笑顔を目指したいと思います。

シミを増やさないための家庭で行えるケア

肌は比較的強いほうで、現在もシミやシワは少ないほうです。

とはいえ、30代のころ、父と姉が同時に入院し、忙しく走り回っていた頃に顔の右側に目立つシミができてしまいました。忙しさから日焼け止めを塗る暇もなく、自転車を利用していたのですが、帽子が風で飛んでしまうので帽子もかぶらず無防備に紫外線にさらされていたことが悪かったようです。

シミを消すためには美白化粧品や美白効果のあるサプリメントを活用していましたが、一度できたシミは完全に消えることはなく、やや薄くなった程度です。できてしまったシミはレーザーでも利用しないことには完全に消すのは難しいようです。

そこで、現在は無理に消そうとするのではなく、これ以上増やさないための工夫をすることになり、外出の際には日焼け止め効果のあるファンデーションを塗り、帽子や日傘を活用しています。

頬骨のあたりは特に紫外線が当たりやすいので、この部分は特に念入りにファンデーションを重ねるなどの工夫をしています。洗濯物を干すときなどのちょっとっした時間でもやはり紫外線の影響は受けてしまうので、メイクをしていないときはサンバイダーを使うなどできるだけ肌を守る工夫をしています。

シミを増やさないためには肌のターンオーバーの機能を促進することも大事ですので、睡眠不足にならないよう気をつけています。シミだけではなく睡眠不足があったときは肌の調子が悪いので、やはり睡眠と肌は深い関係があるように感じています。

ターンオーバーを促進させる方法としては、家庭で行えるピーリングも活用しています。ピーリング効果のあるローションでふき取りをする、角質を取り除く効果のある石鹸で顔を洗うなどして古い角質がたまらないようにし、肌の再生を促進するよう心掛けています。