Menu

私の初歩的なシミ対策

0 Comment

私は肌が白い方で日焼けするとシミやソバカスができやすい体質です。昔は日焼けしている人こそ健康的だという固定観念に振り回されて無理矢理日焼けさせられてひどい肌トラブルになりました。

肌が白い人にありがちな日焼けしてもヤケドで赤く腫れるだけで焼けない、シミやソバカスしか残らないという悲惨な状況に悩まされました。

初歩的な対策は可能な限り日に当たらない事を心掛ける、帽子を被って外出するというものです。今でこそ熱中症の危険性で炎天下の中で長時間作業しないようにと注意喚起されていますが以前は根性なし、ヤワな体質だと貶される対象になってました。

他の対策はチョコラBBを飲むという事とユースキンAで顔にパックするという事です。最近はシミに塗るだけでかさぶたみたいにシミが剥がれたという塗り薬がネット上で見かけます。しかしお財布に優しい品物とは言えず、庶民的な対策にとどめてます。

それでも以前よりシミやソバカスはあまり気にならない程度まで軽減されています。根本的な対策にはならないと言われるかもしれません。しかし人前に出て自己嫌悪にならない程度にするだけで心持ちは大きく変わります。

実家にいた頃は肌用のローションを使っていました。

日焼け防止が私のシミ対策

私がシミやソバカス防止のために気をつけていることは、徹底的に日焼けを防ぐことです。外出するときは、たとえ短時間でも帽子をかぶり、薄手の長袖の服を着るようにしています。でも今は子育て中なので、特に夏の間は、子供が喜ぶプールや海へ行く機会も多いです。そんな時は、なるべく念入りに日焼け止めクリームを塗るようにしています。でも忙しい子育て中なので、ついつい日焼け止めクリームを塗り忘れてシミやソバカスができてしまった経験もあります。一度できたシミやそばかすを消すのは大変です。しまった!という場合は、なるべく早めに肌を冷やして、その後はバランスの良い食事を心がけました。特にビタミンcが入ったフルーツをたっぷりと取り、野菜も多めを心がけます。そして何よりも充分な睡眠をとって肌のターンオーバーを待つことが大切になります。

日本の夏はとっても暑いのでシミやソバカスが出来てしまっても多少は仕方ないのかもしれません。女性であれば、できればシワもシミも少なく生きていきたいと望むのが当然でしょうが、加齢に伴い肌が変化するのは自然なことだともいえるでしょう。本人はシミを気にしていても、周りの人は大して気にしていないことも多いです。多少シミがあっても、それを感じさせないようなとびっきりの笑顔の女性は、歳を重ねても素敵だと思います。