Menu

シミ対策について

0 Comment

私はシミができやすいです。シミができるたら老けて見えるし、一度出来たら消えません。私がやっているシミ対策といえば、日焼け止めをきちんと塗ること、美顔マッサージを暇なときやること、基礎化粧品をケチらずに割と良いシミ対応のものを使う。などです。結婚をしてからはあまり高い化粧品は買えなくなりました。なので、市販のシミ用の基礎化粧品を買っていますが、出来ることなら高い化粧品が欲しいです。独身時代は、シミ取りのサロンに通っていました。シミも一枚一枚はがしていきます。ちょっとちくっとしますが、ダイレクトにシミを取ることによって、だいぶ薄くなりました。シミに聞く為にと、通っていたサロンが売っている青汁をかって飲んでいました。一日浴びた紫外線を無かったことにしてくれるらしいです。その青汁も一箱4000円近くしていたので、結婚してからは到底買えなくなりました。今は子供にお金がかかり、とても高い買い物は自分へ出来ませんが、少し余裕が出来たら、高めの化粧品と、青汁を飲んでシミ対策したいです。今できる事は、日焼け止めを欠かさない事、手軽に出来る美顔マッサージを毎日せっせとやり、シミがこれ以上増えない様にすることですね。

現在行っているシミ対策

私は30歳の男性ですが、以前は屋内で仕事をしていました。ですが、2年ほど前に異動となり、屋外での仕事がメインとなりました。異動するまではシミについて深く考えていませんでしたが、異動先の部署では顔にシミがある人が多く、それに気づいてからシミについて考えるようになりました。そんな私がしているのが紫外線体躯と睡眠時間の確保です。

仕事は必ず屋外での作業となるため、出勤前には必ず紫外線対策としてUVカットのクリームを塗るように心がけています。UVカット率は現状そこまで気にしてはいませんが、当然夏場だけではなく、紫外線がある程度弱まる夏以外の寒い時期でも塗っています。そして睡眠時間ですが、睡眠のゴールデンタイムと言われる22次~26時の間には理由がない限りは必ず寝るようにしています。

実際に現在の部署内でシミのない人と話をしてみると、半数程度は何らかのシミ対策をしている人でした。この対策が功を奏したかはわかりませんが、現在の部署で5年ほど働いていますが、いまだにシミに悩むことはありません。家系的にシミができにくいとは言えないので、今後も継続して対策を行い、もしシミができてしまったら早めにサプリや食事療法を取りたいと考えています。